イメージ画像

余分なAmazonギフト券
お得に現金化してみませんか?

ショッピング枠現金化の最新情報




ショッピング枠とキャッシング枠の違いは!?

クレジットカードの現金化

クレジットカードのショッピング枠の現金化を検討している人の中で、そもそも「ショッピング枠」ってなんだと思っている人もいるでしょう。そこでここでは、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違いについて紹介しましょう。


■ショッピング枠とキャッシング枠について
ショッピング枠とは、クレジットカードを使って買い物(ショッピング)できる限度額のことで、クレジットカードには必ず設定されています。

クレジットカードのショッピング枠は一般的には、50万円~80万円程度に設定されていることが多いですが、ステータスの高いクレジットカードの中にはショッピング枠が「無制限」なんて物もあります。


例えば
50万円のショッピング枠が設定されているクレジットカードで40万円使ってしまうと10万円しか使える枠がありません。しかし、40万円のうち20万円をカード会社に支払えば、30万円の余裕が生まれるわけです。

クレジットカードのキャッシング枠とは、クレジットカードを使ってお金を借りることができる限度額のことですが、すべてのクレジットカードに設定されているわけではありません。あえてクレジットカードにキャッシング機能をつけない人もいますし、利用開始後にキャッシング枠をつける人もいます。


■ショッピング枠とキャッシング枠の関係
クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠、それぞれが独立した関係ではなく、キャッシング枠はショッピング枠に従属している関係となっています。

クレジットカードのショッピング枠の現金化では、ここが重要となってきますので具体例を挙げて説明します。
ショッピングが50万円、キャッシング枠が20万円のクレジットカードがあるとします。

ショッピングで20万円使うと、ショッピング枠は残り30万円、キャッシング枠は残り20万円となります。

ショッピングで40万円使うと、ショッピング枠は残り10万円、キャッシング枠はショッピング枠と連動しているため、キャッシング枠も10万円しか無くなってしまいます。

キャッシングで20万円使うと、ショッピング枠とキャッシング枠は連動していますので、ショッピング枠は残り30万円、キャッシング枠は0になります。


■ショッピング枠とキャッシング枠の確認方法
自分のクレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠がわからない場合、まずはクレジットカードが送られてきた時の台紙を見ていましょう。

そこにショッピング枠とキャッシング枠が書かれています。

そんな台紙なんか捨てちゃったという場合には、クレジットカード会社に電話をするか、インターネット登録をしていればマイページからご自分のクレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠が確認できます。

ショッピング枠を現金化する仕組み

クレジットカードの現金化する仕組み

どうしてもお金に困って仕方ないが、消費者金融や銀行からはお金を借りられない、そんなどうしようもない状況の際には、「クレジットカードのショッピング枠の現金化」を考える人も多いでしょう。

ここでは、クレジットカードののショッピング枠を現金化する仕組みについて紹介します。


■商品を購入するタイプの現金化
多くの場合、クレジットカードのショッピング枠を現金化する専門の業者が存在し、そこを介してショッピング枠の現金化を行っていく事となります。

かつては、家電量販店などでテレビなどを購入してそれを業者の店舗に持ち込み、その場で換金してもらう方法が主流でしたが、現在ではインターネットの普及によってこの現金化の方法は少数派となっています。

その代わりに、クレジットカードのショッピング枠の現金化をする業者が提供している商品を、クレジットカードで購入させる方法が多くなっています。

購入はするものの、実際にその商品はすぐに業者のもとに返品しなければなりません。

そうすると、クレジットカードのショッピング枠の現金化をする業者からお金が振り込まれる仕組みとなっております。


■ほぼ価値のないサービスを購入するタイプの現金化
しかし、上記のショッピング枠の現金化の方法には欠点があります。それは実際に購入する商品のやり取りです。

商品を発送したり返品したりすることで時間と手間がかかってしまい、すぐにクレジットカードのショッピング枠を使って現金化したい人にはメリットの薄いサービスとなってしまうのです。

そのデメリットを克服したのがもう一つの現金化の方法で、ほとんど価値のないものを購入させるタイプの現金化です。

インターネットでクレジットカードのショッピング枠の現金化をしてくれる会社のホームページにアクセスをすると、よくわからないCD-ROMをかなりの高額で販売していますが、これが「ほとんど価値のないもの」の商品の正体です。

価値のないCD-ROMでしたら、現金化業者としても返品してもらう必要はありませんので、手間が省けます。

業者によっては実際の「もの」ではなく「サービス」を販売している業者もあり、これでしたら返品はもちろん発送の手続きもいりません。

いずれの現金化の方法も、購入金額の100パーセントの現金を手にできるわけではなく、何パーセントかの手数料をあらかじめクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者が差し引いて、その残りを利用者が受け取る仕組みとなっております。

これが『換金率』というものです。

そして、商品を購入してしばらく経過すると、クレジットカード会社から利用料金の請求が来ますが、これはもちろん購入金額の100パーセントがそのまま請求されます。

クレジットカードの現金化サイトの【換金率】

クレジットカードの現金化の換金率

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングを利用する際、「金利」は業者を選ぶ際の一つの指標ですよね。
クレジットカードのショッピング枠を現金化する際にも、「換金率」という似たような指標が存在します。

■換金率とは
銀行カードローンや消費者金融のキャッシングの広告で表示されている金利は「年利」です。
年利15パーセントの業者で100万円を借りたとすると、1年間に支払う利息は単純計算で15万円となります。
カードローンやキャッシングの金利は数字が低いほうが嬉しいのですが、クレジットカードのショッピング枠現金化の換金率は数字が高いほど嬉しいのです。
換金率75パーセントの業者で100万円を借りたとすると、25万円が業者の手数料となり、残りの75万円が利用者の手元に渡ります。


■換金率を金利に換算すると
「換金率」というあまり聞きなれない言葉のため、いまいちピンと来ない方も多いと思いますので、換金率を金利に換算してみましょう。

換金率75パーセントを金利換算してみると、計算式は以下のようになります。
「金利=利息相当25万円÷元金相当75万円×365日÷30日=4.05…(405パーセント)」
となり、年率換算すると405パーセントというとんでもない高金利となるのです。



■換金率のボーダーラインは
換金率は、クレジットカードのショッピング枠現金化業者にとっても重要なアピールポイントのため、サイトにでかでかと明示しているところがほとんどです。

その換金率のパーセンテージは実に多岐にわたりますが、換金率が90パーセント以上の業者であれば、ショッピング枠を使って現金化する候補として考えていいかもしれません。

ただし、現金化業者も商売ですので、94パーセントを超えるような換金率を打ち出しているところは、どこかで不明瞭な手数料などを取るなどしていないかチェックしてください。

現金化業者の換金率で比較的安全だといわれているのは、70パーセントから94パーセントです。

自治体によっては、換金率が50パーセントから70パーセント程度の換金率で現金化をすると、手数料が多く危険だと定義しています。



■換金率を上げる方法
業者によっては、ショッピング枠の現金化の利用金額に応じて金利を変動させている業者もあります。

例えば、1万円から15万円の利用では89パーセントの換金率ですが、50万円から80万円の現金化の利用で96パーセントとなっております。
しかし、だからと言って多額の利用をするのではなく、最低限の利用金額で換金率が高いところを選ぶのがベストです。

また、女性の顧客獲得に力を入れている現金化業者では、女性限定で更に1パーセント換金率を上げているところも。しかし、換金率はあくまでも最大値を示したものであり、実際にその数字が適用されるとは限りません。

ショッピング枠を現金化するメリット・デメリット

クレジットカードの現金化する利点、短所

どんな事象にもメリットとデメリットがありますが、クレジットカードのショッピング枠の現金化も同様です。
以下に、クレジットカードのショッピング枠の現金化のメリットとデメリットを紹介します。

■メリット1:審査がない
銀行カードローンや消費者金融のキャッシングを利用する際、審査は必ずあります。
審査の際、無職の人やブラックリスト入りしている人は、かなり審査に通りにくいです。
しかし、クレジットカードのショッピング枠の現金化であれば、無職の人もブラックの人もクレジットカードさえあればお金を手にすることが出来るのです。


■メリット2:即日現金化できる
昔の現金化業者は、実際に商品を持って行ってそれと引き換えにお金を貰うと言う現金化の方法で、リサイクルショップのようなビジネスモデルでした。
深夜や早朝にはお店が開いていないので、換金するにもかなりの一苦労でした。
現在では、電話やインターネットを利用している現金化業者がほとんどで、24時間365日すぐに現金化をしてくれます。


■メリット3:ポイントもたまる
最近では、ポイントを付与するクレジットカードが充実しており、還元率2パーセントなんてクレジットカードもあります。
ショッピング枠の現金化のために商品を購入してももちろんポイントが付きます。


■デメリット1:クレジットカードを持っていないといけない
ブラックや無職の人でも利用できるのがクレジットカードの現金化ですが、まずはクレジットカードを持っていないといけません。
クレジットカードを持っていなければ新たに作らなければなりませんが、無職の人やブラックの人はほぼ新たにクレジットカードは作れないので、そもそもクレジットカードのショッピング枠を使った現金化の利用はできません。


■デメリット2:「金利」が高い
50万円の商品を購入して現金化業者のところに行っても、50万円くれるわけではありません。
手数料としていくらかのお金を差し引くのですが、購入金額のうち利用者が手にできるお金の割合を「換金率」といいます。
これを銀行カードローンや消費者金融のキャッシングの「金利」に換算しますと、出資法の上限をはるかに超える違法金利となります。


■デメリット3:悪徳業者が混じっている可能性も
クレジットカードの現金化の業者にはまともな業者もありますが、中には悪徳業者も混じっています。
悪徳業者の手口としては、
「50万円の品物を購入して40万円入ってくるはずなのに、20万円しか入ってこない(あるいは1円も入ってこない)」や、
「ほかの悪徳金融業者に利用者の個人情報を流してしまう」、
そして「50万円の商品を購入したはずなのに100万円の請求が来た(実際もらえるお金は変わっていない)」といった可能性があります。

現金化についてクレジットカード会社の利用規約

クレジットカード会社の利用規約違反

クレジットカードのショッピング枠の現金化は、正直かなりグレーな印象を持っている方も多いでしょう。
では、現金化に対して加盟店やクレジットカード会社はどのようなスタンスをとっているのでしょうか。


■クレジットカードで何でも買えるわけではない

クレジットカードのショッピング枠を使えば、何でも買えると思っていませんか。
しかし実は、クレジットカードでも買いにくいものがあるのです。

それは、「換金性の高い商品」です。

換金性の高い商品と聞いてもピンと来ないでしょうが、具体的には「ギフトカード」「商品券」「新幹線の回数券」といったものが挙げられています。

こういった商品を取り扱っている代表的なところといえば、駅前に数多く存在している金券ショップです。

出費を少しでも抑えようと多く人が訪れていますが、金券ショップでの支払いに原則としてクレジットカードは利用できません。
金券ショップで取り扱っているのは換金性の高い商品が多いのも、その理由の一つです。

最近では、コンビニエンスストアなどでiTunesやGoogle Playのカードを取り扱っているところも増えてきています。
しかし、普通の商品ならばクレジットカード払いができるお店も、はがきや切手と同じように換金性の高いiTunesやGoogle Playのカードは、クレジットカード決済はできません。

お店によって対応は分かれますが、換金性の高い商品をクレジットカード払いできるところは極めて少数です。


■カード会社の利用規約

では、クレジットカード会社は現金化に対してそのようなスタンスなのでしょうか。
クレジットカード会社のスタンスは、ホームページを見れば一目瞭然です。

例えばJCBのホームページを見てみると、「クレジットカードのショッピング枠現金化は厳禁」と明記されています。
さらに、利用規約を見てみればそのスタンスを見ることができるでしょう。

どのクレジット会社も、利用規約の中に「換金目的によるショッピングの禁止」を明記しています。
換金性の高い商品の購入そのものを禁止しているわけではありませんが、実際に換金してしまうと利用規約違反となるわけですね。
利用規約違反となると、クレジット会社は利用者に対してまず一時的な利用制限を行います。

その次に、クレジットカードン利用停止措置を行い、最悪のケースでは強制退会させられる上に残債を一括返済するように求められます。

これらの措置を取られますと、利用者はいわゆる「ブラックリスト入り」してしまうこととなり、クレジットカードはもちろん、各種ローンや携帯電話の購入にも悪影響を及ぼします。

クレジットカード現金化の法律と違法性

クレジットカード現金化の違法性と法律

ほとんどのクレジットカード会社は、利用規約の中に「換金目的の利用」を禁じる一文が明記されています。
つまり、クレジットカードのショッピング枠現金化もこれに該当する可能性が高いのです。

クレジットカード会社によって利用規約と見なされれば、よくてクレジットカードの利用制限、最悪のケースではクレジットカードの強制退会及び残債の一括返済を求められます。

このように、カード会社の利用規約には抵触してしまうクレジットカードのショッピング枠の現金化ですが、法律的にはどのような解釈となっているのでしょうか。


■貸金業法及び出資法違反の可能性
まず可能性として指摘されるのは、貸金業法及び出資法違反です。
実際にあったケースとして、2011年8月にキャッシュバック型のクレジットカードの現金化業者が逮捕されたというニュースがありました。
その罪状は出資法違反であり、しかもその後裁判で懲役3年執行猶予5年の有罪判決が出たため、その後キャッシュバック型のクレジットカードのショッピング枠現金化の業者は急激に姿を消していきます。
「キャッシュバック型」とは、特に商品を購入させることなく手数料を業者が差し引いて残りを利用者に提供する手口のこと。
警視庁はこの現金化業者を「事実上の金融業者」と認め、金融業を営むための手続きを行っていなかったこと、法定金利を超える高金利で「貸し付けていた」ことから、貸金業法及び出資法違反での逮捕となりました。
しかし、「キャッシュバック型」のほかにもう一つ「買取型」の現金化業者もあり、こちらに関してはスキームがリサイクルショップと似ていること、古物商の許可も得ていることから、明確な違法性は指摘できません。


■横領罪及び詐欺罪の可能性
貸金業法及び出資法違反は、クレジットカードの現金化をする業者に対して適用されるものですが、実際に業者を利用した利用者も法律違反の可能性が指摘されています。
その罪状は、横領罪及び詐欺罪です。
カード払いしているときにはあまり気にも留めませんが、実はクレジットカード払いした商品の所有権、代金が決済されるまではクレジット会社に所有権があります。
それを勝手に転売してしまうことが「横領罪」に該当してしまうのです。
また、換金目的(現金化)のためにクレジットカードを使って商品を購入するのは、クレジットカードカード会社からお金をだまし取る行為として「詐欺罪」に該当しかねません。

このように、クレジットカードのショッピング枠を現金化することは、業者だけでなく利用者も違法性を問われかねません。
現金化は困った時にちょっとだけ使う、その程度にとどめておきたいものです。

クレジットカード現金化のトラブル事例

クレジットカードのショッピング枠の現金化、適正な金額を適正に使う分には便利ですが、利用には注意が必要です。
中には、ショッピング枠の現金化を利用してトラブルに巻き込まれてしまう人もいるのですから。


■換金時にいきなり手数料を上乗せする
クレジットカードのショッピング枠現金化は、ショッピングの利用金額から手数料を現金化業者が差し引き、その残りを利用者が現金で受け取るシステムです。
手数料の割合はあらかじめ換金率という形で明示してあるのですが、中には難癖をつけて換金時に手数料を上乗せする業者も存在します。
「対応方法に難があった」や「遅延による利息が発生している」などの理由で、換金時に手数料を上乗せするのです。
そんな詐欺まがいの現金化業者に出くわしてトラブルになったら、泣き寝入りをせずに警察に相談しましょう。


■お金が振り込まれない
上記のケースは、手数料の上乗せこそあったもののお金は振り込まれているだけに、まだましかもしれません。
中には、お金の振り込みすらしない現金化の業者もあるのです。
振り込みをしないでクレジットカードの利用もなければ問題ありませんが、利用者はカードを利用したのにお金が振り込まれなくては、利用者がカード会社に利用代金を支払う分だけ損となってしまいます。
困ったときはカード会社に連絡や相談するのが常ですが、ショッピング枠の現金化を行う事はカード会社は「換金目的の利用」として利用規約で禁じています。
相談したところでショッピング枠の現金化が明るみになり、残債の一括返済やカードの利用停止になるのが関の山です。


■押し貸しをする
最近では訪問販売(押し売り)の数は減ってきましたが、クレカ現金化業者の中には、押し売りならぬ「押し貸し」をする業者もあります。
通帳を見てみると身に覚えのないお金が振り込まれていた、となれば通常は「ラッキー」と思うでしょう。
しかしそれが勝手に現金化業者が貸し付けたものであり、しっかり手数料を引かれたうえ後からカード会社からの請求も来ます。
必要以上のカード情報を聞いてくる業者は、取得したカード情報をもとに押し貸しをする可能性がありますので、そんな業者はトラブルに注意です。


■個人情報が流出する
悪い組織というのは、下のほうでつながっているものです。
現金化業者に教えた個人情報が闇金などに流れる可能性もあります。
入手した個人情報をもとに、闇金は融資攻勢を仕掛けてきます。
現金化を利用する人はお金に慢性的に困っているケースもあるので、闇金としては上顧客になりやすいのです。

こんな話を聞くと「クレジットカードのショッピング枠の現金化は怖い」とお思いでしょうが、正しい目をもって適正な利用をすれば怖くはありません。

サブコンテンツ

オススメのショッピング枠現金化サイト

  • あんしんクレジット

    ショッピング枠の現金化サイトのあんしんクレジット

    業界NO.1の信頼と実績を誇り、お客様支持率も業界トップクラスのあんしんクレジット。最高換金率が97%と高利率な上に安心の4つのサービスでショッピング枠の現金化をサポートします。①最短10分の入金OK②土日祝日も振込OK③来店・審査なしで申込みOK④支払いはリボ・分割OK。リピーターが多いと言う事が一番の安心に繋がります。

  • スマイルギフト

    ショッピング枠の現金化サイトのスマイルギフト

    女性利用者にとってもお得なのがスマイルギフトです。換金率が男女別になっているのが珍しく、女性プランが男性プランより+1%高いのが特徴です。ともすると女性だけにお得?と思われがちですが、換金率は87%~94%と高く、最短5分即日入金!24時間申込み可能!なので性別問わずお得に利用できるサイトです。

  • ひまわりギフト

    ショッピング枠の現金化サイトのひまわりギフト

    ショッピング枠の現金化で、より高い換金率を目指すならひまわりギフトがお勧めです。換金率は勿論設定されていますが、ホームページに「他社様より1%でも低い場合はメール下さい」とあるので、金額や日程に余裕のある方は先ずは無料相談を!交渉次第で高換金率でお得に現金化出来るかもしれません。

  • ファミリークレジット

    創業14年の実績とリピーター率85%を誇るファミリークレジット。ショッピング枠の現金化をするなら長く利用され続ける信頼のおけるサイトが一番です。換金率も88%~96%と高く、申込みから入金迄の流れも簡単・安心・即日と三拍子揃っていますのでリピーターが多いのも納得です。

  • セーフティーサポート

    ショッピング枠の現金化なら顧客満足度NO.1のセーフティーサポート。2015年度は利用者件数が8,000件を超え、その実績は信頼の証です。年中無休、24時間メール・電話の申込みがOKなので急にお金の工面をしなければならない場合にも対応して貰えるのでとっても便利です。



このページの先頭へ